《WordPress》Webフォントとサイト・パフォーマンス

作成したページの表示が遅い。そう感じたら、1ページの表示にあれこれ盛り込んでいないか見なおそう。
Webフォントは確かに使用すると重くなります。せめて、フロントページでは適用させない。本文記事も長い文章にしないように、ワンポイント的な効果を狙うのがいいでしょう。
おしゃれには一見感じますが長い文章をWebフォントで読むのは、読みにくいものでもあります。