いまふと思ったのですが、CDプレーヤーがこんなに壊れやすくなければ、今でももうすこしオーディオCDを使っていたような気がするけど気のせいでしょうか。

Social
現在のバージョン:4.9-RC3-42192

 CD は、動いてるのが見えなかったのがいけなかったのかなぁ、などと、読んでて思いました。レコードとかカセットテープとかみたいに、くるくるくるくる回るのが見えると楽しかったのに、などと(そう言うのもあったけど。主流はトレイ or ローディング式だった。)

多くの故障がトレイやローディングの不良。CDウォークマンのほうが意外としっかり。でも、パチパチ交換している間にCD盤のほうが傷んでいく。

CD プレーヤーの衰退は過度期として歴史にとどまるのか。

B&O のモデルが何故に広まらなかったのだろうか。


トーレンスのアナログプレーヤーTD224の広告(スイングジャーナル 1967年6号掲載)