不朽の名盤 バイロイトの第九 いつもと趣向を変えてLPレコードで楽しみませんか

不朽の名盤 バイロイトの第九 いつもと趣向を変えてLPレコードで楽しみませんか

Exif Data

  • Uploaded 2012年12月14日 金曜日

 この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 11 秒です。

第 296 回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内

バイロイトの第九 趣向を変えてLPレコードで楽しみませんか

 

  • 日時 : 平成24年12月16日(第3日曜日) 午後 1 時 30 分より
  • 場所 : 熊本博物館 研修室 ( 2 階 )
第1部 ベートーヴェン作曲 第九交響曲 ニ短調「合唱付」作品125
今回のレコードは1951年 第2次大戦後、初めてバイロイト音楽祭が再開され、初日に演奏された実況録音盤(LP)です。指揮はフルトヴェングラー、バイロイト祝祭管弦楽団及び合唱団で「フルトヴェングラーの指揮の下、ベートーヴェン音楽の本質が最も生き生きと再現されている」(宇野功芳)と言われている見事な演奏です。ご期待ください。
第2部 日本のジャズ LP盤使用です
今回は、皆さんご存知の曲を巧みに日本のジャズマン達がアレンジした5曲を楽しみたいと思います。また、本場米国の悲運のトランペッター クリフォード・ブラウン、4月の思い出 エマーシーレーベルを特集します。

※ 今月は第3日曜の開催となりますので、お間違えの無いようにお願いします。
詳しく読む

2013年のCD

通販LP

コメントを残す