Diana Krall : Glad Rag Doll (Analog)

  • Views 0

 この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 4 秒です。

ダイアナさん、女を前面に出してますね。売り上げが厳しいのでしょ~か。
今までのイメージチェンジを押し出すためでしょう。ネーム・バリューは出来上がっているし。わたしにはどうも、実力派だからって違う売り方をこれまでしていたように感じます。

Diana Krall - Glad Rag Doll

Diana Krall – Glad Rag Doll ネットで購入

日本人が見ても幼顔ですが女ざかりのダイアナ・クラール。隠れていた要素を表出したことで戸惑っている日本での愛好家が多い。これがどう発展するか、女の本性は続くアルバムで定まるでしょう。

ダイアナ・クラールの3年ぶりのアルバム。これはLPレコード。重量盤の2枚組で、価格は一枚分。音楽は前作と比べると方向性の違いを感じられますが、デビューアルバムの端々に感じられていたものです。

今、最も活躍目覚ましテイラー・スウィフトがポップ・カントリーで新しい扉を開いたようにルーツを活かすことがのびのびと世界を切り開いてもいけるのです。あとは社会、時流が合うかどうかというところですが。ダイアナ・クラールの挑戦。楽しみなところです。

RELEASESeptember 25, 2012
LABELVerve
FORMAT2LP
CATALOG #B 001732701
Disc1 Side-A
  1. We Just Couldn’t Say Goodbye
  2. There Ain’t No Sweet Man That’s Worth The Salt Of My Tears
  3. Just Like A Butterfly That’s Caught In The Rain
  4. You Know – I Know Ev’rything’s Made For Love
Disc1 Side-B
  1. Glad Rag Doll
  2. I’m A Little Mixed Up
  3. Prairie Lullaby
Disc2 Side-A
  1. Here Lies Love
  2. I Used To Love You But It’s All Over Now
  3. Let It Rain
Disc2 Side-B
  1. Lonely Avenue
  2. Wide River To Cross
  3. When The Curtain Comes Down

ミュージシャン

  • Diana Krall – vocals
  • Jay Bellerose – drums
  • Bryan Sutton – guitar
  • Colin Linden – guitar
  • Keefus Ciancia – keyboards
  • Howard Coward – guitar, ukulele
  • Dennis Crouch – bass
  • Marc Ribot – banjo, guitar, ukulele

 

スタッフ
T-Bone Burnett – producer
Zachary Dawes – mixing assistant
Ruth Levy – producer
Gavin Lurssen – mastering
Bob Mallory – engineer
Vanessa Parr – engineer
Tom Perme – technician
Mike Piersante – editing
Mark Seliger – photographer
Ivy Skoff – production coordination

2013年のCD

通販LP

関連記事

  • ラヴェルに取り組む男 浦壁信二ピアノ・リサイタル オール・ラヴェル・プログラム in 熊本市健軍文化ホールラヴェルに取り組む男 浦壁信二ピアノ・リサイタル オール・ラヴェル・プログラム in 熊本市健軍文化ホール 『全体25分の長い曲です。途中退屈したり、わからなくなったら、このあと演奏会が追わたらどこに繰りだそう。とか遠慮なく逃避してください。そうして時々、僕の演奏に戻ってきてください』と会場に笑い声を起こさせてリラックスさせてくれた。しかし、それが反面、緊張が解けて音楽に入り込めた。今回の演奏の中で、この『鏡』の第3曲『海原の小舟』の中間部。第5曲「鐘の谷」は白眉だった。後者はゾク […]
  • こら良かばい Related Posts – WordPress 関連記事表示をおしゃれに簡単カスタマイズこら良かばい Related Posts – WordPress 関連記事表示をおしゃれに簡単カスタマイズ 関連した記事を表示するプラグインは、それぞれの思いで開発されたのでしょう。表現されるスタイルに個性が感じられます。イメージ画像とタイトルだけでは、把握しにくいケースも有り記事の要約が表示できるのが良い。日本語だと見苦しい並びにならないように、スタイルシートをカスタマイズできるのが良い。画像サイズを大、中、小と選べる。二列カラムで並べられることが気に入ったトップ・ポイントです。 […]
  • こら良かばい Intuitive Custom Post Order – ドラッグ・ドロップで並べ替えが簡単こら良かばい Intuitive Custom Post Order – ドラッグ・ドロップで並べ替えが簡単 WordPressは記事が投稿された日時の順番でリストに並ぶ。アイウエオ順であるとか商品を並べ替えたいと思っても、それぞれの日付を変更し直すのは大変だし。今回は写真が大きくブラウザに表示されるテーマを使うことにしたので、その写真の表示される順番を入れ替えたかった。そこで導入したプラグインが『 Intuitive Custom Post […]
  • あ、モーツァルトが英語でしゃべっているあ、モーツァルトが英語でしゃべっている あ、モーツァルトが英語でしゃべっている。・・・それは当たり前だと言われることは至極当然。イギリスの劇作家ピーター・シェーファーの戯曲を映像化されたのが、ミロス・フォアマン監督の米映画『アマデウス』なのですからね。 […]
  • エルガー・ルートで愛のあいさつをエルガー・ルートで愛のあいさつを その曲を作曲した男は、このチップよりも少ない金額で曲の権利を売ってしまったそうだ。愛する人に贈った曲だったというのにだよ。彼はそれを、今では随分後悔しているようだよ。 […]

コメントを残す