Analog, Disc Review, Jazz, Review

Diana Krall : Glad Rag Doll (Analog)

Sharing is caring!

 この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 4 秒です。

ダイアナさん、女を前面に出してますね。売り上げが厳しいのでしょ~か。
今までのイメージチェンジを押し出すためでしょう。ネーム・バリューは出来上がっているし。わたしにはどうも、実力派だからって違う売り方をこれまでしていたように感じます。

Diana Krall - Glad Rag Doll
Diana Krall – Glad Rag Doll ネットで購入

日本人が見ても幼顔ですが女ざかりのダイアナ・クラール。隠れていた要素を表出したことで戸惑っている日本での愛好家が多い。これがどう発展するか、女の本性は続くアルバムで定まるでしょう。

ダイアナ・クラールの3年ぶりのアルバム。これはLPレコード。重量盤の2枚組で、価格は一枚分。音楽は前作と比べると方向性の違いを感じられますが、デビューアルバムの端々に感じられていたものです。

今、最も活躍目覚ましテイラー・スウィフトがポップ・カントリーで新しい扉を開いたようにルーツを活かすことがのびのびと世界を切り開いてもいけるのです。あとは社会、時流が合うかどうかというところですが。ダイアナ・クラールの挑戦。楽しみなところです。

RELEASESeptember 25, 2012
LABELVerve
FORMAT2LP
CATALOG #B 001732701
Disc1 Side-A
  1. We Just Couldn’t Say Goodbye
  2. There Ain’t No Sweet Man That’s Worth The Salt Of My Tears
  3. Just Like A Butterfly That’s Caught In The Rain
  4. You Know – I Know Ev’rything’s Made For Love
Disc1 Side-B
  1. Glad Rag Doll
  2. I’m A Little Mixed Up
  3. Prairie Lullaby
Disc2 Side-A
  1. Here Lies Love
  2. I Used To Love You But It’s All Over Now
  3. Let It Rain
Disc2 Side-B
  1. Lonely Avenue
  2. Wide River To Cross
  3. When The Curtain Comes Down

ミュージシャン

  • Diana Krall – vocals
  • Jay Bellerose – drums
  • Bryan Sutton – guitar
  • Colin Linden – guitar
  • Keefus Ciancia – keyboards
  • Howard Coward – guitar, ukulele
  • Dennis Crouch – bass
  • Marc Ribot – banjo, guitar, ukulele

 

スタッフ
T-Bone Burnett – producer
Zachary Dawes – mixing assistant
Ruth Levy – producer
Gavin Lurssen – mastering
Bob Mallory – engineer
Vanessa Parr – engineer
Tom Perme – technician
Mike Piersante – editing
Mark Seliger – photographer
Ivy Skoff – production coordination

2013年のCD

通販LP

関連記事